banner

会社設立費用が無料になる

税理士による会社設立費用が無料になる理由

会社設立は、会社の基本的なルールでもある定款を定める事が始めます。

定款には絶対的記載事項と呼ばれる必ず定めなければならない事項が在ります。ここには、会社の商号や本店の住所、事業目的と言った事などの基本的な事を記して行けば良いのです。

また、定款には任意的記載事項や相対的記載事項と呼ばれる事項が有るのですが、ここは任意で定める部分であり、定めておかなくても会社を作ることは可能です。

しかしながら、相対的記載事項の中には定款で定める事で会社経営を行う上でメリットが活かされてくる部分が多く有るのが特徴なのです。

会社設立を行う場合などでは、定款の定め方がポイントになってくるのが特徴でもあるのです。会社設立を代行会社に依頼すると言う方法も有ります。

定款に記載をしなければならない事や、記載をしておくことで後々有利になる事など、代行会社に依頼をすることでアドバイスをして貰えると言うメリットが有ります。

また、定款は公証人役場で認証を得る必要があるのですが、定款は会社法に違反をしている事項が記載されていると認証を得る事が出来ず、会社設立が出来なくなってしまいます。

そのため、多くの場合は会社設立での代行会社に依頼をするケースが多いのです。

設立の中では幾つかの申請書類の作成や申請手続きが必要になりますので、代行会社に依頼するメリットは大きくなるのです。

司法書士や税理士と言った資格を持つ人などが代行会社を行っているケースが多いのが特徴で、税理士などの場合は設立費用を無料で行ってくれる所もあります。

税理士と言うのは、会社経営を行う中で税金に対する処理のアドバイザーとしての役割を担う事が可能になるのです。

尚、税理士と言うのは、税務相談や税務申請処理などを行えると言う独占業務を持つ事が出来る資格であり、税金に詳しいからと言って資格を持たない人が税務相談や税務署に提出する申請書類の代行を禁じしているのです。

会社の経営の中では税金対策は必須のことであり、税理士は会社の顧問としての役割を担う事も可能になるのです。

そのため、会社設立での費用は全て無料で行い、その代わりに税務相談や税務処理などの専門家として会社の経営に携わることを目的としているのです。

尚、顧問としての期間は1年などの期間であり、この間に行う税務相談などの費用を得る事で会社設立時にかかるマージンと言う物をゼロにしているのです。

しかしながら、これから会社を作る人にとって税務相談が出来る人がそばにいると言う事は心強い事でもあるのです。

Copyright(c)2014 会社設立で安く登記を完了させるためにAll Rights Reserved.