banner

最近の投稿

会社設立費用が無料になる

税理士による会社設立費用が無料になる理由

会社設立は、会社の基本的なルールでもある定款を定める事が始めます。

定款には絶対的記載事項と呼ばれる必ず定めなければならない事項が在ります。ここには、会社の商号や本店の住所、事業目的と言った事などの基本的な事を記して行けば良いのです。

また、定款には任意的記載事項や相対的記載事項と呼ばれる事項が有るのですが、ここは任意で定める部分であり、定めておかなくても会社を作ることは可能です。

しかしながら、相対的記載事項の中には定款で定める事で会社経営を行う上でメリットが活かされてくる部分が多く有るのが特徴なのです。

会社設立を行う場合などでは、定款の定め方がポイントになってくるのが特徴でもあるのです。会社設立を代行会社に依頼すると言う方法も有ります。

定款に記載をしなければならない事や、記載をしておくことで後々有利になる事など、代行会社に依頼をすることでアドバイスをして貰えると言うメリットが有ります。

また、定款は公証人役場で認証を得る必要があるのですが、定款は会社法に違反をしている事項が記載されていると認証を得る事が出来ず、会社設立が出来なくなってしまいます。

そのため、多くの場合は会社設立での代行会社に依頼をするケースが多いのです。

設立の中では幾つかの申請書類の作成や申請手続きが必要になりますので、代行会社に依頼するメリットは大きくなるのです。

司法書士や税理士と言った資格を持つ人などが代行会社を行っているケースが多いのが特徴で、税理士などの場合は設立費用を無料で行ってくれる所もあります。

税理士と言うのは、会社経営を行う中で税金に対する処理のアドバイザーとしての役割を担う事が可能になるのです。

尚、税理士と言うのは、税務相談や税務申請処理などを行えると言う独占業務を持つ事が出来る資格であり、税金に詳しいからと言って資格を持たない人が税務相談や税務署に提出する申請書類の代行を禁じしているのです。

会社の経営の中では税金対策は必須のことであり、税理士は会社の顧問としての役割を担う事も可能になるのです。

そのため、会社設立での費用は全て無料で行い、その代わりに税務相談や税務処理などの専門家として会社の経営に携わることを目的としているのです。

尚、顧問としての期間は1年などの期間であり、この間に行う税務相談などの費用を得る事で会社設立時にかかるマージンと言う物をゼロにしているのです。

しかしながら、これから会社を作る人にとって税務相談が出来る人がそばにいると言う事は心強い事でもあるのです。

外国人のビザ

会社設立における外国人のビザ

会社設立、特に製造業を営む方にとって大事なのはその製造ラインに立つことのできる人材です。

ですから、会社設立にあたってはその製造を行う人材の募集を行うことになるでしょう。その際に頼りになる存在なのが、外国人の方々です。

彼らは、比較的低賃金でも十分すぎるほど戦力として働いてくれる存在であり、創業当時から長く働いているという方も中にはあらわれるのではないでしょうか。しかし、その雇い入れの際にはいくつか注意すべき点があるのです。

会社設立と同時に人材を募集した場合には、その手続きについての知識にあまり造詣が深くない場合もあるでしょう。しかし、そこに落とし穴があります。

外国人の雇用においては労働ビザをきちんと取得しているかを確認し、その人材を雇い入れたことを最寄りの労働基準監督署、つまりハローワークに届け出ないとならないのです。ハローワークでは、求人を取り扱って失業者や求職者にあっせんをすることだけを行っているわけではありません。ほかにも雇用保険の関係書類を提出するのもハローワークです。その業務の一つに、この外国人雇用の書類も含まれています。

外国から日本に来た場合には、上陸許可を取らなければなりません。労働を行うような長期滞在の場合には、それを前提とした届け出をきちんと行ったうえでないと入国許可がおりないのです。観光目的で来た場合には、その現地で労働を行うことはできません。ですから、みなさんが外国人雇用を行う際には必ずパスポートや在留カードによって、その資格の有無を確認しなければならないのです。もし現状資格がない場合でも、雇用開始時までに資格外活動許可という申請を済ませて許可を取っていれば大丈夫です。ですから、面接などを行った際にそのことを必ず伝え、間違いなく雇い入れ時までにその申請を済ませたかどうかを確認しましょう。

また、そのハローワークへの届け出は雇用した時だけではありません。退職した際にも同様の手続きをもって、退職した旨を知らせなければならないのです。ですから、一度申請をしたからと言って安心してはいけません。常に許可が下りている期間内で働いているということを把握したうえで、業務につかせなければならないのです。

会社設立はそのほかにもさまざまな知識や手続きが必要になります。会社設立当初は慣れないことばかりで最初は大変かもしれませんが、きちんとひとつひとつその手続きを済ませ、健全な経営を目指しましょう。

会社設立には電話回線

会社設立には電話回線が必要。

会社設立を実現させるためには、登記のための手続きや、オフィスの環境を整えるための工事など、さまざまなものがあります。

まず重要なのが、登記のために法務局に提出する書類関係です。審査に通るためには、内容に不備があってはなりません。

事業目的や決算時期、役員の人数やその報酬など、基本的なことはもちろんのこと、従業員の人数や雇用形態、その給与など、具体的なことも決めて行かなくてはなりません。

会社設立を当初のスケジュール通りに進めて行くためには、こういったことを1つ1つしっかりとこなしていくようにしましょう。

会社設立のための書類を完成させるのと同時に進めて行きたいのが、オフィスの準備です。デスクやパーテーション、応接設備や事務用品などの備品も揃えていかなくてはなりません。

また、欠かせないのが電話回線です。これがなくては業務になりませんので、最優先で手配しましょう。

ゼロから電話回線を引く場合は、まずは主装置の設定や、配線の引き込み方法などを見てもらうために、オフィスを業者に見てもらいましょう。

そのなかで、どのような電話回線の種類が適切か、有線にするのか無線にするのかなど、オフィスの立地などを含めて検討し、最適な方法を選ぶようにしましょう。

このようなことは、プロの業者に任せることで、結果的にコストも期間も抑えることができますよ。

電話回線の種類によっては、長期の工事が必要になることもあります。

業務開始のスケジュールと兼ね合わせながら、間に合うように逆算して進めるようにしましょう。ビジネスホンの設置は、小規模のオフィスで約1日から半日を目安に考えましょう。

流れとしては、主装置の確認、機器などの選択、何本の回線を通すか、などを決めて行き、実際の工事日を決定していきます。
工事が混み合う時期は、希望の日に予約できないこともあるので、早めの申込みがベストです。オフィスのレイアウトに合わせて、最適な配線を行ってくれるので、そこは業者にお任せしましょう。

機器を設置したら、内線や留守番電話の設定を行います。これらは1台ずつ行っていくことになります。最終的なチェックをして、問題がなければ工事完了です。 このよう、会社設立にかかせない電話回線の工事だけでも、複雑なものがあります。

専門業者に依頼して、スムーズにお得に工事することで、その他の準備に集中することができます。
会社設立のために、有効に活用していきましょう。

Copyright(c)2014 会社設立で安く登記を完了させるためにAll Rights Reserved.