banner

取締役員の選任

会社設立では取締役員の選任が必要です

会社設立時に設置する役員とは何かを説明しましょう。これから、会社設立を検討する人はぜひこのことを知っておいてください。

株式会社は、現在、1人及び2人の取締役を設置すれば、会社設立が出来ます。大きな会社設立になればなるほど取締役員の人数が多くなるのが一般的ですが、零細企業で自分のみで事業を行う場合や、数名程度の少人数で事業を行う場合は取締役が1人でも構いません。

株式会社は会社と経営者が基本的に分けられており、大手株式会社でも、株主総会において株主に任命された執行役員が代表取締役社長として1期2年を任期として経営トップとして経営責任を負います。

代表取締役社長は、株式会社の業務に関する、一切の権限を持っており、裁判名などの訴訟に発展した場合の責任や権限も握っています。

株主総会は、四半期ごとに行い、例えば、3月決算の場合、6月末・9月末・12月末に決算が発表され、3月末が期末決算となり2回目の9月末が中間決算となります。

この決算公告は、株式会社が多くの投資家(株主)から出資を募り、会社が株主の所有として運営されている以上、正確な決算発表を株主総会ならびに株主報告書にて行わなければいけません。

株主からすれば、出資金を出す以上、決算報告での状況を知る権利があるのです。

四半期決算において、目標値をクリアできるかできないかの予想を立て、それを修正しながら利益確保を図るため、決算報告は非常に重要であると考えなければいけません。

会社のトップである代表取締役は、それなりの株を所有し、開業全体の権限で大きく、経営の責任においてもっとも大きく、大きな損失や赤字を出せば、トップとして責任を取らなければいけません。

その際には、株主全体の決議を取り、株主に与えられた議決権として行使します。

過半数以上の議決が採決されれば、役員人事も変えられるのです。大企業の場合は、そのような責任がシビアで、野球を例に取り上げるとするならば、監督であると言えるでしょう。

監督は1年間のペナントレースにおいて、結果が出せなければ、球団の出資オーナーである社長に解任されます。ただし、指揮官としてチーム運営の采配は任され、選手たちは監督の指示通りに動き、監督によって成績も評価されるでしょう。

大手企業の会社設立でなく1人で会社設立となっても、同様の条件ですが社長自身が出資者であるので、自動的に取締役員に任命されるということになり、会社解散とならない限りその役から解かれることはありません。

Copyright(c)2014 会社設立で安く登記を完了させるためにAll Rights Reserved.