banner

手続きは無料

会社設立は自分ですれば手続きは無料でできる

会社設立をしたいと考えたときには、定款の作成方法や会社法の知識も必要になってきますので、行政書士や司法書士などの法律の専門家に依頼することが一般的な方法と言えるかもしれません。

最近では会社設立に関しての相談を無料で行えるサービスを実施している業者もありますので、それらを利用することで無料で会社設立を行える可能性もあります。

会社の設立を行うためには一定の手続きに必要な流れに基づいて、ひとつひとつ完了させていく必要があります。

会社設立では作ろうと考えている会社の形態を決める必要があり、多くの人の場合では株式会社を選択すると言えます。 会社設立に必要な要件として、定款を作成して公証人の認証を受ける手続きがあります。

定款では会社設立を行おうと考えている商号や会社の目的、事業の内容などを決定して記載することになります。

同一の住所地においてすでに使われている商号は使うことができないなどの一定のルールを把握した上で、手続きを行うように注意しなければなりません。

公証人による定款の認証が行われると、会社設立に必要な出資金について会社の発起人の銀行口座を用意しておいて払い込みを行います。

払い込み先として用意する銀行口座は発起人のものを選択することが一般的ですが、新しく口座を開設しなくても、それ以前に持っているものを使用することができます。

インターネット上で行われている業者のサービスを利用することで、会社設立における手続きのマニュアルや、必要な書類の提出手続きにおけるガイドを使うことで、記入事項があるときに不明な部分の悩みを解消できたり、それぞれの役所における書類の提出方法を理解することができます。

定款を作成すると、公証人役場において認証を受けるわけですが、その際の方法として紙を使った定款認証と電子定款認証とがあり、どちらでも選択することが可能です。

紙の定款認証を行うときには収入印紙の貼付が必要になりますので印紙代がかかってしまいますが、電子定款をすることによって印紙代をかけずに定款の認証手続きを行えます。

会社設立を行う上で、必要書類の登記を法務局にて行うことになるわけですが、登録免許税などが発生する点については注意が必要になると言えます。

それぞれの手続きについて専門家に依頼すると依頼料が発生しますが、自分で会社設立の手続きを行うことで、手続きに必要になってくる手数料などについて無料で行うことは可能です。

Copyright(c)2014 会社設立で安く登記を完了させるためにAll Rights Reserved.