banner

会社設立後の決算は自力

会社設立後の決算は自力でできるか

会社を設立すると事業年度ごとに会社の収支を整理する必要に迫られます。この作業のことを決算と言い、第3者が見ても会社の状態が把握できるように整えることが要求されます。

株式会社の場合にはこの様な作業が義務付けられており、様々な場面で必要になってくる書類です。例えば銀行などの金融機関から借り入れを行うことを検討数r場合には金融機関側から決算書類の提出を求められることになるでしょう。この書類を見ることで会社の状態を知ることができ、将来性を推し量ることができるようになるのです。

この決算書ですが、一般的には税理士や会計士などの専門家が作成することが一般的です。この様な会計お専門家と顧問契約を結んでおくことで規模にもよりますが年間数十万円で関連書類の作成を請け負ってくれます。

場合によっては事業に対して助言を行ってくれるということもあるでしょう。会社設立前、あるいは会社設立後に速やかにどこかしらと契約することが多いのですが、この作業を自力で行おうと考える経営者がいることもまた事実です。

会社設立後は資金も乏しく会系の専門kに支払う顧問報酬が惜しく感じる気持ちはある程度分かるものではありますが、いくつかの理由から自力での対応は推奨できません。

会社設立後、事業規模が小さいうちはある程度の勉強をすれば決算書類を自力で作るということは不可能ではないでしょう。そうすることで本当の意味で中身を理解することができる経営者になることができるというメリットもあります。

しかしその書類を作成するための労力は本業の発展のために費やすべきであると考える方が正論であると言えるでしょう。会計士はお金を払えばいくらでも見つけることが出来ますが、事業方針を決めて会社を動かす経営者は他にはいないのです。そのため限られた時間を他の人に任せることができる分野に費やすのは必ずしも正しい選択肢であるとは言えないでしょう。

又信頼性の問題もあります。専門の会計士が作成した書類と専門家ではない人間が作成した書類ではその信頼性が違うのです。

税理士や会計士の資格を添えて作成した書類は金融機関からの信頼を得やすいという傾向があり、同じ中身であったとしても違うのです。会社設立前から関与している会計士がいる場合には融資が有利に運ぶという事実も存在しており、多少の出費を覚悟して専門家と契約をしておく方が望ましい結果になるというのが一般的な見解です。

Copyright(c)2014 会社設立で安く登記を完了させるためにAll Rights Reserved.