banner

会社設立を行う要件

会社設立を行う要件には、設立登記があります

会社の設立を行うときには、会社の形態について決定する必要があると言えるわけですが、会社の形態の中では株式会社を選択する人が多いでしょう。

株式会社などの会社の設立をするための流れというものがあり、ひとつずつ手続きを完了させていくことによって会社設立をすることが可能となります。

会社設立には設立しようとしている会社の商号が必要となり、同一商号の調査を行う必要があります。同一商号とは、同じ住所地において同じ会社の名前が登記されていないかを調べる作業をなります。

同じ住所において、同じ名前の会社の登記はできないことになっています。

株主である出資者と取締役において、それぞれの個人における印鑑証明書が必要となります。定款の認証を行う際や、会社を設立するための登記の申請のときに印鑑証明書は必要です。

定款とは、会社において最も大切なルールを記載している規約のことになります。定款は会社設立や、その他の法律的な手続きを行うときに重要になってくる書類です。

定款の認証を行ってから、資本金の払い込みを発起人の銀行口座などに行います。

これらの会社設立のために行ってきた定款や資本金の払い込み証明書、会社設立の登記申請書などの作成を行って、法務局に書類を提出することで申請手続きをします。

会社設立において登記を行うことは、会社を成立させるための要件となっています。

手続きを行うためには決められている期間というものがあり、発起人が決めた日や、会社設立をするときの取締役などによる調査が完了してから2週間のうちに申請する必要があります。

手続きについては会社設立を行う住所地を管轄している法務局に申請する必要がありますので、事前に場所を確認しておいて手続きがスムーズに進むようにしておきましょう。

申請に必要になってくる書類は決められていますので、ひとつでも足りないときには出直す必要が発生しますので、しっかりとチェックした上で申請手続きを行うことが大切です。

資本金の金額の計上に関しての証明書や、公証人において認証が行われている定款、資本金の払い込み証明書、就任承諾書、取締役全員についての印鑑証明書、発起人の会議事録、印鑑届書などが必要になります。

法務局において申請を行った日が、会社設立日となりますので、特別な日を会社設立日にしたいとあらかじめ考えている人の場合には、逆算して計算しておくことがおすすめとなります。

商号や会社の目的、本店の所在地などについてOCR用申請用紙に記入することで申請を行います。

Copyright(c)2014 会社設立で安く登記を完了させるためにAll Rights Reserved.