banner

外国人のビザ

会社設立における外国人のビザ

会社設立、特に製造業を営む方にとって大事なのはその製造ラインに立つことのできる人材です。

ですから、会社設立にあたってはその製造を行う人材の募集を行うことになるでしょう。その際に頼りになる存在なのが、外国人の方々です。

彼らは、比較的低賃金でも十分すぎるほど戦力として働いてくれる存在であり、創業当時から長く働いているという方も中にはあらわれるのではないでしょうか。しかし、その雇い入れの際にはいくつか注意すべき点があるのです。

会社設立と同時に人材を募集した場合には、その手続きについての知識にあまり造詣が深くない場合もあるでしょう。しかし、そこに落とし穴があります。

外国人の雇用においては労働ビザをきちんと取得しているかを確認し、その人材を雇い入れたことを最寄りの労働基準監督署、つまりハローワークに届け出ないとならないのです。ハローワークでは、求人を取り扱って失業者や求職者にあっせんをすることだけを行っているわけではありません。ほかにも雇用保険の関係書類を提出するのもハローワークです。その業務の一つに、この外国人雇用の書類も含まれています。

外国から日本に来た場合には、上陸許可を取らなければなりません。労働を行うような長期滞在の場合には、それを前提とした届け出をきちんと行ったうえでないと入国許可がおりないのです。観光目的で来た場合には、その現地で労働を行うことはできません。ですから、みなさんが外国人雇用を行う際には必ずパスポートや在留カードによって、その資格の有無を確認しなければならないのです。もし現状資格がない場合でも、雇用開始時までに資格外活動許可という申請を済ませて許可を取っていれば大丈夫です。ですから、面接などを行った際にそのことを必ず伝え、間違いなく雇い入れ時までにその申請を済ませたかどうかを確認しましょう。

また、そのハローワークへの届け出は雇用した時だけではありません。退職した際にも同様の手続きをもって、退職した旨を知らせなければならないのです。ですから、一度申請をしたからと言って安心してはいけません。常に許可が下りている期間内で働いているということを把握したうえで、業務につかせなければならないのです。

会社設立はそのほかにもさまざまな知識や手続きが必要になります。会社設立当初は慣れないことばかりで最初は大変かもしれませんが、きちんとひとつひとつその手続きを済ませ、健全な経営を目指しましょう。

Copyright(c)2014 会社設立で安く登記を完了させるためにAll Rights Reserved.